フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性調理師の仕事内容

調理師の仕事内容

美味しい料理を提供する「調理師」とは具体的にどんな仕事?

調理師の仕事内容

調理師とは、安全な料理を作り、お客様に提供する職業です。和食や洋食など、勤務先のジャンルに合った料理を作ることが仕事であり、味や盛り付けだけでなく栄養や衛生面などさまざまな方面に気を配る必要があります。 主な仕事内容は「料理を作ること」ですが、担当範囲や調理工程は職場によって異なります。ホテルやレストランなど、大型の店舗の場合は調理師が複数在籍しているため、経験や得意分野によって作業を分担するのが一般的です。規模の小さな個人店では、調理師が一人しか在籍していないことも多く、調理の全てを担当することもあります。 最初は調理ではなく、清掃や皿洗い、調理器具の準備、食事の配膳といった業務からスタートすることが多いようです。最終的に経験を重ねて、総料理長になると、全ての調理担当者を統括して指導するといった役割もあります。 また調理だけでなく、食材の仕入れや仕込み、新たなメニューの開発や衛生管理なども大切な仕事です。売り上げ管理やコスト管理など、店舗経営に関する仕事を任されることもあるでしょう。

調理師の求人特徴

調理師の仕事内容

調理師の主な勤め先は、レストランや飲食店、ホテル・旅館、結婚式場などです。その他にも、学校の給食室や病院・福祉施設の調理場、企業の食堂や開発部など、幅広い就職先が考えられるでしょう。調理師は、生活に欠かせない「食」に関する職業であり、外食産業が盛んな昨今、活躍できる場所は広がっています。また、働き方もアルバイトや派遣社員、正社員などさまざまです。経験を積んで独立を視野に入れている人も少なくありません。 調理を行う仕事への就職において、調理師資格は必須ではありません。しかし、「調理師」と名乗ることができるのは、国家資格の取得者のみです。調理師の国家資格を有していることが正社員の条件になっている場合もありますので、資格を取得しておくことで、より働き方の選択肢は広がるでしょう。 調理師の資格を取得するには、専門学校を卒業するほか、実務経験を経て試験に合格して取得する方法があります。また、寿司や中華など、専門分野ごとの技能を証明できる「専門調理師」や「調理技能士」という国家資格もあるため、取得しておくと、さらなる強みとなります。

調理師に求められる人物像

調理師は、料理をすることが好きであるのはもちろんのこと、食材や調理に対する好奇心や探求心が求められます。食材の栄養素を引き出す方法はないのか、もっと美味しそうに見せることができるのか、などを常に考えていくことができる人、勉強を続けていける人が向いているでしょう。季節によって違うメニューを開発できる創造力や独創性があれば、さらなる強みとなります。 また、調理師には、体力と忍耐力も大切です。大きな鍋や大量の食材を扱ったり、泡立て器で長時間かき混ぜたりと調理師は意外と肉体労働です。下積み期間が長く、なかなか調理に携わらせてもらえないときにも、目的を持って技術を磨き、コツコツと努力を続けていける人こそが調理師の資質があるといえるでしょう。

「調理師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧