フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性自動車整備士の仕事内容

自動車整備士の仕事内容

車の安全を守る「自動車整備士」の仕事内容と求人状況は?

自動車整備士の仕事内容

自動車整備士は、自動車の修理や点検、メンテナンスを行う技術者です。具体的な仕事内容としては、「エンジンや電気系統の点検・整備」「消耗部品のチェック・交換」「故障箇所の分解・修理」などが挙げられます。以前は「故障箇所の修理」が主な仕事でしたが、近年では、不具合が発生する以前の定期点検や車体整備といったメンテナンス作業を行うことが増えてきました。 点検や整備では、操縦や制御、動力伝達などあらゆる装置に不具合や摩耗がないかを確認し、必要があれば破損部分を交換して正しく自動車の機能が保たれるように調整します。 修理では、事故やトラブルなどによって故障した車体を確認し、必要な箇所を特定して修理します。特に、エンジンやミッションなど、自動車の中でも複雑な作りの部分の分解・整備を行います。また、車の種類や扱う部位によって専門分野が分かれるため、エンジン担当や電気系統など、修理を担当する箇所が異なる場合もあります。 その他、お客様へ故障箇所の説明を行ったり、専門的な立場からアドバイスを行ったりすることも大切な仕事のひとつです。

自動車整備士の求人特徴

自動車整備士の仕事内容

自動車整備士の主な就職先は、自動車整備工場やカーディーラー、カー用品店、ガソリンスタンドです。日本は自動車の普及率が高いため、自動車整備士のニーズは高く、比較的に都心・地方問わず求人を探すことが出来ます。 特に自動車整備工場においては、一定数の有資格者を置くことが法律で定められているので、ニーズは安定していると言えるでしょう。そのため、自動車整備士専門学校などでは、高い就職内定率を誇っているところも少なくありません。その分、大手メーカーや優良ディーラーなどは人気が高くなる傾向にあります。 自動車整備士として働くには、国家資格が必須となります。資格には1~3級まで区分があり、高い等級になるほど就職に有利になります。取得には国土交通省に認定された学校を卒業するほか、実務経験を積んで受験資格を獲得し、試験に合格して取得するという方法があります。まずは3級から取得して、徐々にステップアップしていくのが一般的です。

自動車整備士に求められる人物像

車が好きであること・車の構造に興味があることはもちろん、何より体力が求められます。自動車整備士の仕事内容の多くは、立ち仕事や力仕事です。重い部品を運んだり、体に負担がかかる格好のまま長時間作業を続けたりするため、身体的にタフであることも重要な適性となります。細かい部品を扱うため、手先が器用であるとなおよいでしょう。 また、故障箇所を見抜くための観察眼を持っているといった満足のいくサービスを提供するための技術力はもとより、自動車の構造に関する知識を用いて、お客様の相談を受けることも大切な役割です。

「自動車整備士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧