フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ソムリエの仕事内容

ソムリエの仕事内容

ワインの専門家「ソムリエ」になるためには?求められることは?

ソムリエの仕事内容

ソムリエの仕事は、お客様の好みや食事に合わせたワインの提案です。香りや舌触り、そして味といった要素を十分に見極め、その場に合ったワインを選び、提供します。ワインを提供するまでの品質管理や入荷作業、グラス管理といった業務も、ソムリエが担当します。ソムリエのなかには、海外のワイン産地に自ら出向き、納得したものを仕入れる、買い付け業務を行っている人もいます。
また、ワインの提供だけでなくお客様との会話も大切な仕事です。食事のひとときを十分に楽しんでいただくため、ワインの産地、品種などの説明から料理に関する説明まで、ワインに関するあらゆる情報を提供します。お客様の表情などからワインを注ぐタイミングを計ったりすることもあり、プロの立場で的確で心地よい接客を行うスキルが求められる仕事です。

ソムリエの求人特徴

ソムリエの働き先は、レストランやホテル、バーが主です。ソムリエ専任として働く人もいれば、シェフやバーテンダーを兼任している人もいます。他の職業と比較して働き口が多い職業ではありませんが、ソムリエのニーズ自体は安定しており、求人雑誌や求人ポータルサイトなどで見つけることができます。
また、ソムリエには専門資格があり、求人によっては、資格を取得していることを必須条件としているものもあります。代表的なのは民間資格である「日本ソムリエ協会認定ソムリエ資格」です。受験条件として、飲食店での勤務経験が5年以上必要ですが、スキルを証明することができる資格のため、ソムリエを目指すのであれば取得をしておくとよいでしょう。

ソムリエに求められる人物像

ソムリエは、ワインの知識だけでなく、味わいや香りを鑑定する能力も求められます。そのため、味覚・嗅覚の感覚が必要です。そのほか、お客様に満足いただくためのおもてなしの心・サービス精神のほか、豊かな表現力や企画力といった面もソムリエとしての大切な適正と言えるでしょう。
しかし、まずソムリエとして必要な素質は、ワインが好きであることと、人と接するのが好きなことです。この二つを兼ね備えていれば、お客様に笑顔を届けられるソムリエを目指すことが向いていると言えるかもしれません。

「ソムリエの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧