フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性スタイリストの仕事内容

スタイリストの仕事内容

華やかな職業?「スタイリスト」の仕事内容と求人特徴をご紹介

スタイリストの仕事内容

スタイリストは、雑誌やテレビ、映画など、メディアで活躍する出演者の服やアクセサリーをトータルでコーディネートする仕事です。ファッションスタイリストと呼ばれる場合もあります。
クライアントや着用者本人の要望などを取り入れ、イメージに合ったファッションを提案するクリエイティブな職業です。華やかなコーディネート業務だけでなく、企画全体の雰囲気や方向性を担当者と打ち合わせや、商品貸出業者にアポイントをとって商品を収集、実際に使用する服のアイロン掛けや裾上げ、使用後の返却対応といった一連の業務を担います。

スタイリストの求人特徴

スタイリスト業界未経験の場合、最初はアシスタントスタイリストとして事務所、もしくは個人の下で働くケースが多いようです。専門学校を卒業していたり、専門資格を取得していたりする場合も同様です。スタイリストとして活躍できるのは一握りといわれる業界のため、求人はアシスタントのみに絞られていることが多いでしょう。
主な就職先である「スタイリスト事務所」や「フリースタイリストのアシスタント」は、求人ポータルサイトを通すことなく、それぞれの専用ページ内で募集をかけていたり、スタイリスト本人がSNSを通じて募集情報を発信している場合が多いことが特徴です。就職先を検討する際は、目指すジャンルを得意とする事務所やスタイリストからの発信をキャッチして、自身のスキルアップが望める職場を十分に吟味して選ぶとよいでしょう。

スタイリストに求められる人物像

ファッションに関わる仕事なので、常に流行に敏感であることが求められます。また、オリジナリティのあるクリエイティブセンスを持っているとさらに良いでしょう。
コーディネート業務だけでなく、力仕事などの作業も多いスタイリストには、タフさも必要不可欠です。業界的に厳しい日程で作業を進めることも稀ではなく、ときには1日中仕事に向き合わなければならないこともあります。ハードなスケジュールに耐えられる精神力と体力はスタイリストになるための必須条件であるといえるでしょう。

「スタイリストの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧