フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性スーパーバイザーの仕事内容

スーパーバイザーの仕事内容

必見!店舗運営の要「スーパーバイザー」の仕事と求められる素質

スーパーバイザーの仕事内容

スーパーバイザーは、管理者や監督者という意味で、売り上げや教育など総括的な視点でアドバイスする仕事、またその仕事についている人を指します。
具体的な仕事内容は多岐にわたります。たとえば、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどの小売店やファーストフード、レストランといった飲食店において、数店舗を自分で管轄して担当店舗の指導を行う仕事や、コールセンターなどにおいて、複数名のスタッフ・従業員などを管理・教育する仕事、店内装飾やレイアウト、販促手法、在庫管理、接客など、マーケティングに関する多角的な視点から様々なアドバイスを提供する仕事などがあります。担当店舗の店長やスタッフから現場の改善点をヒアリングし、本社や統轄部署へ報告するという役割も担います。

スーパーバイザーの求人特徴

スーパーバイザーの求人として、未経験者が募集されていることはあまりなく、スーパーバイザー職の経験者やマネジメント業務に携わったことがある人を対象として、求人が出されているケースが多いようです。スーパーバイザーは、複数店舗を統括する存在として、そこで働く店長やスタッフに的確なアドバイスができる知識と実務経験を備えていなければならないからです。
しかし、一方で「スーパーバイザー候補」の募集は飲食店の多様化とともに増加傾向にあります。この場合は、店舗スタッフ、店長として十分な実務経験と知識を蓄えることで、後のスーパーバイザーへのキャリアアップが望める募集となっています。

スーパーバイザーに求められる人物像

適切な指導を行うために、スーパーバイザーには、店舗の課題を正確に判断するための分析力や認識能力、それを解決に導くための立案能力を含めた高いコンサルティング力が求められます。
また、お客様のニーズにいつでも応えられるように、時代のトレンドに敏感でいることも大切です。目まぐるしく変化する世の中で、業務に役立つ情報を察知し、流行を効果的に取り入れていく力が必要といえるでしょう。

「スーパーバイザーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧