フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性社会福祉主事の仕事内容

社会福祉主事の仕事内容

福祉関連の仕事をする公務員「社会福祉主事」の特徴と目指し方とは

社会福祉主事の仕事内容

社会福祉主事は、福祉関連の仕事を担う公務員です。そのため、公的な機関や施設に勤務します。勤務先によって具体的な仕事内容は異なりますが、主に、病気やけが、障がい、高齢などの問題を抱える人に対して、相談・援助・指導を行う職業です。福祉に関するさまざまな制度の案内やアドバイス、手続きを行うことで、相談者やその家族がより健やかな生活を送ることができるようにサポートしていきます。
医師や看護師、介護福祉士、社会福祉士などと連携を取りながら、適切な福祉サービスを構築していく重要な役割を担っています。
社会福祉主事になるには、公務員試験に合格し、社会福祉主事の任用資格を取得しておくことが必要です。

社会福祉主事の求人特徴

社会福祉主事の主な勤務先は、福祉事務所や公立の福祉施設です。就職を目指す場合、まず福祉系の大学・専門学校で必要単位を取得し、その後公務員試験を受けるという流れが一般的です。また、社会福祉士の資格を取得しておくことで、福祉に関する高度な専門知識を有していることが認められるため、選べる求人の幅も広がる点も特徴です。
基本的には公務員として働くことになりますが、社会福祉主事任用資格の取得者を募集する民間の福祉施設もあります。特別養護老人ホームや、介護老人保健施設なども選択肢のひとつとなるでしょう。それぞれで業務内容などは異なるので、自分の希望する仕事につながる求人を選ぶことをおすすめします。

社会福祉主事に求められる人物像

社会福祉主事にまず求められる資質は、困っている人の力になりたいと思う気持ちを持っていることです。この仕事では、環境や身体にトラブルを抱えている方の相談に対して、親身になって耳を傾ける姿勢で向き合えることが大切です。
その上で、円滑な話し合いをするためのコミュニケーション能力も求められます。福祉の現場では相談者やその家族との関わりだけでなく、利用される方に適切なケアを提供するために、医師や看護師、介護福祉士、社会福祉士といったさまざまな職種の人達が協力しながら、サービスを運営していきます。そのため、相手の話をよく聞き、自分の意見も上手く伝えられることも、社会福祉主事としての重要な適性と言えます。

「社会福祉主事の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧