フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性バイヤーの仕事内容

バイヤーの仕事内容

仕入れの専門家「バイヤー」の仕事内容と求人傾向をご紹介

バイヤーの仕事内容

バイヤーとは、スーパーマーケットやデパート、専門店などの小売店において、販売する商品の買い付けを行う職業です。
消費者のニーズに合わせた仕入れを行うことが主な仕事であり、食料品、衣料品、雑貨、玩具など、取り扱う商品のジャンルや金額は、業種によって大きく異なります。勤務先によっては、複数ジャンルの商品の買い付けを一人で担当するケースも多く見受けられます。
そのため幅広くアンテナを張り、トレンドのリサーチをし、商品を選択する力が求められます。そのほかにも顧客データ分析、仕入れ先との交渉、販売価格の決定、実際に小売店において届いた商品を店頭に並べ、売り場作りを行うことなども、バイヤー業務の一環です。

バイヤーの求人特徴

前述のように、バイヤーはさまざまな小売店で活躍することができるため、幅広い業界から求人が出されています。また、近年ではECサイトを運営する企業も増えてきたことから、小売店を運営していない企業からも需要が生まれており、将来性にも期待が持てる職業であると言えるでしょう。
傾向としては、「総合職」として人員を募集し、入社後に適性を判断したうえで、バイヤーの仕事を任されるケースが多いようですが、主に経験者を対象にバイヤー職をピンポイントに募集する求人もあります。したがって、募集企業と同ジャンルの商品を扱っていた職務経歴などがあれば、採用に有利に働く可能性もあります。

バイヤーに求められる人物像

売れる商品を仕入れるために、バイヤーは常に流行に敏感でなくてはなりません。常日頃からさまざまな媒体でトレンドをチェックし、最新の情報をキャッチすることが求められます。それと同時に、一時の流行だけに流されることなく、「本当によい商品」を選ぶ目を持っていることも大切な要素です。いずれにしても自分のセンスや見る目に自信がある方に向いていると言えるでしょう。
さらに、その仕入れで本当に利益が出るのか、そのためには原価をどの程度に抑える必要があるのかを速く正確に計算できる暗算能力、仕入れ先と調整を行うための交渉力といったスキルも重視される適性となります。

「バイヤーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧