フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性建築士の仕事内容

建築士の仕事内容

建物の建築に欠かせない「建築士」の仕事内容と求人状況は?

建築士の仕事内容

建築士の主な仕事は、建物の設計と工事の監修です。図面を作成する仕事だけでなく、建築物の受注から完成までの全工程に携わる仕事です。
具体的には、まずヒアリングを行い、建築主の予算や希望に合わせた内容を提案します。次に、設計前における調査や各種書類作成、基本構想を練り、契約の締結へと進めていきます。そこから、耐震構造や設備設計、内部の細かなデザインなど基本構想に沿って設計を行い、工事に必要な図面や仕様書を作成します。実際に施工するのは工務店などが行う場合が多いですが、この施工会社の選定も建築士の仕事です。
さらに、工事監理業務にも携わり、計画通りに工事が実施されているかを確認、建物が完成したら建築主に引き渡して完了となります。アフターフォローなども行うため、業務内容は多岐にわたるでしょう。
建築士の資格には、「一級」、「二級」、「木造」の3種類があり、それぞれで設計できる建物が異なります。

建築士の求人特徴

建築士の主な就職先として、建築設計事務所、建設会社、住宅メーカー、リフォーム会社などが挙げられ、多くの企業から求人募集が出されています。会社によって扱う建物の種類が違うため、就職先によって具体的な仕事内容も変わることが多いでしょう。
前衛的なデザインを得意とする会社や、個人住宅の建築がメインの会社、商業施設や公共事業を多く手がける会社など、企業によって特色があるため、応募前によく確認しておくことをおすすめします。
建築士の資格を取得するには、建築関係の大学や専門学校を卒業する以外に、「一定の実務経験を積む」という方法もあるため、経験を有する場合は学歴が問われないという求人も少なくありません。

建築士に求められる人物像

建築士として仕事をする上では、建築学や法律に基づいて、いかに建築主の希望に沿った設計ができるかがカギとなります。建物の構造に関して計算を行う仕事でもあるため、数学や物理に強いと有利でしょう。また、デザイン性と建物としての機能を総合的にまとめ、構成していく力が必要となります。そのほか、建物の基盤となる地質、材料である木材などにも興味を持てることも大切です。建築物に対して真摯に向き合うことができる人が求められます。
また、美的センスや創造性はもちろん、探求心と向上心を持って普段から建物に接することが出来ることも重要な適性の一つと言えるでしょう。

「建築士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧