フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

キャリアアップに有利な「福祉住環境コーディネーター」ってどんな資格?

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーターは、福祉と建築の両方の専門知識を用いて、障がい者や高齢者が暮らしやすい住環境を提案する職業です。主な仕事内容は、個人住宅における建築やリフォームの提案、介護施設や養護施設などの建築設定、器具や介助用品導入の提案などです。
段差をなくしたり、取っ手や滑り止めをつけたりと条件や予算に合わせてコーディネートを行うだけでなく、助成金・ローンなどの制度利用に関するアドバイスもします。さらに、病院や駅、商業施設など公共的な建物のバリアフリー化計画へ参加し、専門的な見地から助言を行う福祉住環境コーディネーターもいます。
福祉住環境コーディネーターの資格は、1~3級まであります。福祉従事者が相談業務の一環として取得する場合は3級、建築や設計にまで関わる場合は、2級以上を取得する必要があるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの求人特徴

福祉住環境コーディネーターの求人募集を出している主な業界は、建築事務所や住宅メーカー、リフォーム会社などの建築関係です。また、福祉施設や介護施設、病院などの福祉業界にも需要があります。ただし求人数自体はさほど多くはないため、職業安定所や転職エージェントを利用し、なるべく多くの情報を集めると良いでしょう。
福祉住環境コーディネーターの業務は独占資格ではないため、他の仕事の一環として募集されたり、他の業務と兼務で募集されるケースが多くあります。そのため、ほかの福祉資格や建築資格を取得するなど、他のアピールポイントを持っていると選択の幅が広がるでしょう。
福祉目的の住宅リフォームに介護保険が適用になったこともあり、今後注目されていくことが予想される仕事です。

福祉住環境コーディネーターに求められる人物像

福祉住環境コーディネーターとして、介護を受ける方、またはその家族の要望をヒアリングするために、相談しやすい明るく気さくな人柄は大切な適性です。さらには、要望に応えるだけでなく、一人ひとりに合った暮らしやすさを提案するプレゼンテーション力も求められます。そのために、お客様のちょっとした仕草や表情から読み取る洞察力や気付き、気配りの素質も必要といえるでしょう。
福祉に関する情報提供も仕事であるため、次々に変わっていく保険制度や建築の技術などについて、常にアンテナを張り、勉強し続ける姿勢を持ち続けられる人が向いています。

「福祉住環境コーディネーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧