フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性宅地建物取引主任者の仕事内容

宅地建物取引主任者の仕事内容

不動産業になくてはならない「宅地建物取引主任者」とは?

宅地建物取引主任者の仕事内容

宅地建物取引主任者の仕事は、不動産売買や賃貸契約の際、専門知識を活かして適正な契約ができるように仲介を行うことです。専門知識のない購入希望者が、不動産取引において不利な契約を結んでしまわないように、的確な助言・提案を行い、サポートします。
宅地建物取引主任者は独占業務であり、この資格を持っている人にしかできない仕事が法律で定められています。具体的には、買主に対象の不動産の物理的状況や権利関係、登記などを説明する「重要事項の説明」、その重要事項に関する書類を作成し、買主に受け渡す「重要書類への記名と押印」、契約書を作成し、締結させる「契約書への記名と押印」の3つです。
宅地建物取引主任者は、不動産取引の要となる存在であり、不動産業者にとってなくてはならない存在だといえるでしょう。

宅地建物取引主任者の求人特徴

この仕事に就くためには、まず資格試験に合格し、宅地建物取引主任者証を交付してもらうことが必要です。宅地建物の取引を行う事業所では、従業員の5人中1人の割合でこの資格の所有者を設置することが義務付けられているため、資格を持つことで、高い需要が期待できます。
主な就職先としては、不動産会社が挙げられます。不動産は衣食住の「住」に関係する、生活に必要不可欠なものです。住居以外にも駐車場や店舗、倉庫などを取り扱う企業も少なくないため、都心・地方を問わず全国的に求人が募集されています。ただし、その分景気に左右されやすいのもこの職種の特徴。扱う商品の金額が大きいため、景気によって求人数も増減します。
また、ときには金融業界や小売業界から、不動産の知識を見込まれてニーズが発生する場合もあるので、幅広い分野での就職を検討してみるのも良いでしょう。

宅地建物取引主任者に求められる人物像

お客様に納得頂けるまでしっかりと物件の説明を行い、ときには会話をしながら現場まで案内するのも宅地建物取引主任者の仕事です。接客が好きな人や、コミュニケーションを円滑に取ることが得意な人は向いているでしょう。さらに、難しい話をわかりやすく説明する気配りや、機転が利く対応ができるといったことも大切な適性と言えます。
また、宅地建物取引主任者が扱う商品は非常に高額であるため、書類1枚をとってもミスは許されません。注意深く正確に仕事をこなせることや、集中力を持続させられることも、この仕事に求められる要素です。

「宅地建物取引主任者の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧