フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性マンション管理士の仕事内容

マンション管理士の仕事内容

トラブル解決のプロ「マンション管理士」の仕事内容は?

マンション管理士の仕事内容

マンション管理士は、マンションの維持・管理に関するアドバイスを行うコンサルタントです。マンション管理組合や住民からの相談に法的な視点から解決策を提案します。
主な仕事内容としては、マンション管理組合運営のサポートや、トラブルへの対応などが挙げられます。一般的には、組合員は法的知識や専門知識を持っていないことが多いため、マンション管理士が組合運営における予算案・管理規約の作成や、会計監査、管理委託会社の選定を行います。また長期の修繕計画を作成し、その施工を任せる会社の選定や手続きの代行をすることもあります。マンション管理組合と業者の間でトラブルが起こった際や住人同士でトラブルが発生した場合には、中立の立場で対応します。
マンションを運営する上で起こる、さまざまなトラブルに対応する専門家がマンション管理士です。

マンション管理士の求人特徴

近年では、築年数の長い分譲マンションが増加に伴い、マンション管理の専門家であるマンション管理士の需要が高まっています。
主な就職先は、マンション管理を専門にしているマンション管理会社です。これは、建物管理の専門家が集まっている事業所であり、管理組合からの委託を受けて総合的なサポートをすることを生業としています。また、マンション管理をサービスとして扱っている不動産会社でも、求人が出されている場合があります。
「マンション管理士」は名称独占の資格です。資格を取得することで業務につくことができるようになるため、経歴や前職が問われないことが特徴です。そのため、前職と全く違う業界への転職者や、第二の人生を歩みたい人にも人気があります。また、不動産業界での就業経験を持った人が、スキルアップのために資格を取得するケースも多く見受けられます。

マンション管理士に求められる人物像

マンション管理士の仕事には、専門的な知識が求められます。法律が変わることもあるため、資格取得後も常に新しい情報に触れ、勉強を惜しまない人が向いているといえるでしょう。
また、仕事における多くのシーンで、組合員やマンションの住人、業者といった人々と関わることになります。そのため、コミュニケーションが円滑に進められるような対人スキルは必須要素です。ときには、マンション管理会社や住民、業者間におけるトラブルの矢面に立って解決に当たる場面もあるため、問題解決のための交渉力、精神的なタフさや粘り強さがあればなおよいでしょう。
そして、誠実な人柄であることも、マンション管理士にとっての適性の一つです。トラブルが起こった際は、どちらか一方に肩入れせずに、フラットな立場に立たなくてはなりません。法的知識に基づいた冷静な対応と、さまざまな意見を参考にしつつ、真摯に問題に向き合う姿勢が大切なのです。

「マンション管理士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧