フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性臨床心理士の仕事内容

臨床心理士の仕事内容

患者さんの心に寄り添う「臨床心理士」の仕事と求人は?

臨床心理士の仕事内容

臨床心理士の仕事は、心のトラブルを抱えた人に接し、問題解決のためのサポートをすることです。カウンセラーやセラピストなど、精神・心理関連の専門職は多くありますが、その中でも臨床心理士は「日本臨床心理士資格認定協会」から認定を受けている心理の専門職です。
主な仕事内容は、心の問題を抱えた人の話を聞き、理解・共感しながら臨床心理技法を用いて援助をすることです。具体的には、面接や観察、心理テストを通してその人の状態や問題点を明確にし、必要な援助について検討する「アセスメント」、カウンセリングや心理療法、行動療法などを行って具体的に問題解決を促す「心理カウンセリング」、本人だけでなく学校や会社など周囲の環境に働きかけ、状況を改善していく「臨床心理学的地域援助」があります。
医療や福祉の現場はもちろん、近年では教育や企業などさまざまな分野に活動の場が広がっている職種です。

臨床心理士の求人特徴

臨床心理士として働くためには、当然「臨床心理士」の資格が必要です。指定大学院(1種・2種)または専門職大学院を修了し、所定の条件を満たした上で、資格取得試験を受けて、合格しなくてはなりません。
医療系専門職の中でも、臨床心理士は比較的求人が少ない職種とされていましたが、心に問題を抱える人が多くなっている昨今では、さまざまな分野でニーズが高まってきています。学校内で生徒や教師の相談を受ける「スクールカウンセラー」がその代表格です。
他にも一般企業内のカウンセリングルームや、児童相談所、福祉施設で募集されている場合もあります。そのほか、総合病院の精神科やメンタルクリニックから募集が出されていることもあります。求人を探す際には、分野を絞り過ぎず、幅広い選択肢を持つことが大切です。

臨床心理士に求められる人物像

臨床心理士の仕事は、基本的に対話形式のカウンセリングで行われることが多いため、来談者から悩みを聞き、状況を的確に把握するためのコミュニケーション力が求められます。仕草や態度から言葉の裏にある感情を察する観察力や理解力、来談者の考えを受け入れる包容力、信頼関係を築いていける誠実な人間性を持っていることも大切です。
また、来談者が抱える問題が深刻な場合にも、問題解決まで長い時間を要して接するなかで、粘り強く向き合う姿勢や心を乱されない冷静さも、臨床心理士には必要です。

「臨床心理士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧