フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性税理士の仕事内容

税理士の仕事内容

税金に関するプロフェッショナル「税理士」ってどんな仕事?

税理士の仕事内容

日本には、法人税や所得税、固定資産税などさまざまな税金がありますが、その内容には多くの法律が関わってくるため、個人で管理するのが困難な場合も多いでしょう。そこで、納税者の補助・代行をするのが税理士の仕事です。
主な仕事内容は「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」です。これらは、税理士としての有資格者だけが行うことができます。
「税務代理」は、納税者の代わりに確定申告や承認申請を行う仕事です。また、税務調査の立ち合いや、税金に関する不服申し立てを代行する場合もあります。「税務書類の作成」では、企業や個人事業主に代わって、確定申告書や相続税申告書など、税金に関する書類を作成します。そして「税務相談」では、家を買った場合や遺産相続をした場合など、税金に関するあらゆる相談に応じて適切なアドバイスを行います。
この他、企業の経営相談に乗ったり、会計業務を行ったりと、税に関するプロフェッショナルとして、非常に幅の広い仕事であるといえるでしょう。

税理士の求人特徴

「税理士」として働くには、税理士の資格が必須です。そのため、資格を取得してから求人を探すことになります。
主な勤め先は、「税理士法人または会計事務所」と「コンサルティング企業」です。税理士法人や会計事務所とは、税理士や公認会計士によって構成されている組織のことであり、顧客の依頼を受けて税の代行や会計の補佐を勤めます。また、コンサルティング企業は会社経営をサポートする専門の企業であり、税理士は税務コンサルタントとして予算策定や税金対策の提案を行います。
また、一般企業でも、有資格者を対象とする経理・財務部門の求人は少なくありません。さらに近年では、税理士専門の転職エージェントで勤め先を探すこともできるため、間口は広がっているといえるでしょう。

税理士に求められる人物像

税理士に求められる資質としてまず挙げられることは、数字に強いこと、計算が苦にならないことです。税理士の仕事内容には計算作業がつきものです。企業の売り上げや経費などの書類を見ながら、地道な計算・確認作業を行うことになるでしょう。ケアレスミスひとつで大損失になる可能性もあるため、集中力と精度も求められます。また、税金に関する法改正を漏れなく把握できるように、常に勉強熱心であることが必要です。
顧客と接する機会も多いため、誠実にコミュニケーションを取れる人が向いている職業であるといえます。お金に関する仕事なので、顧客から信頼してもらえる人柄であることが非常に重要です。

「税理士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧