フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性精神保健福祉士の仕事内容

精神保健福祉士の仕事内容

精神障がい者を支える「精神保健福祉士」の仕事内容となり方は?

精神保健福祉士の仕事内容

「精神医学ソーシャルワーカー(PSW)」とも呼ばれる精神保健福祉士は、福祉分野の中でも精神障がい者の援助に特化した職業です。精神に障がいがある人の日常支援や社会復帰をサポートし、より良い生活が送れるように尽力します。
主な仕事内容は、「相談」「助言・指導」「日常生活訓練」の3つです。「相談」「助言・指導」では、本人または家族の相談に乗り、支援制度や給付制度などの各種情報を提供します。相談者に適した選択肢を提示し、手続きの代行をしたり、退院後の住居の確保や就労に対するアドバイスを行ったりすることもあります。
「日常生活訓練」は、日常生活に不安を抱える患者に対し、洗濯や掃除など生活に必要な技能の訓練を行う仕事です。挨拶や会話などのマナーに関しても訓練の対象となります。
精神保健福祉士の求人は、求人サイトのほか職業安定所や福祉人材センターでも探すことができます。

精神保健福祉士の求人特徴

精神保健福祉士が活躍することができる場所は、大きく分けて3種類あります。
ひとつは総合病院の精神科や精神病院、メンタルクリニックといった医療機関です。患者が社会復帰できるよう、各福祉施設や行政と連携してトータル的にサポートします。
次に保健所や保健センター、精神保健福祉センターといった行政機関です。保健医療に関する計画を立てたり、障がい者の自宅に訪問したりもします。
そして、精神障がい者福祉ホームや生活訓練施設といった精神障がい者施設といった施設において、障がい者の身近な存在として、メンタルヘルス問題を取り扱います。
精神保健福祉士を名乗るには、国家資格の取得が必要不可欠です。各分野から出されている求人は、この資格を持っている方を対象としたものがほとんどとなっています。
近年、精神保健福祉士の需要は増えており、学校や一般企業など就職先の選択肢が広がっています。

精神保健福祉士に求められる人物像

精神保健福祉士の仕事は、障がいを抱える方に寄り添って、一緒に歩んでいくことです。患者、医療機関・福祉施設のスタッフと、さまざまな人たちと関わり合いながら仕事をしていくため、優れたコミュニケーション力は重要な資質であるといえるでしょう。
また、前向きな姿勢や穏やかさ、相手の立場に立って考える思いやりも求められます。しかし、相談内容に感情移入しすぎてしまうことは好ましくなく、精神保健福祉士は、患者の意志を尊重した上で、前向きかつ適切なアドバイスを行うように努めることが求められます。
長い期間にわたって患者と向き合っていくケースも珍しくないため、根気や忍耐力、冷静な判断力も必要とされます。

「精神保健福祉士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧