フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターの仕事内容

住空間のプロデューサー「インテリアコーディネーター」の仕事とは

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターは、機能性や材質をもとに、家具や照明、壁紙などの室内環境をプランニング・コーディネートする職業です。クライアントは、個人から企業まで多岐にわたるため、それぞれの希望に沿った提案をできる柔軟性が求められます。さらに、インテリアコーディネーターによって専門とする空間は異なるため、何を専門とするかで仕事内容は大きく変わってきます。
飲食店を専門とする場合は、使いやすさを重視した配置や、食欲をそそるような配色に、宿泊施設を専門とする方であれば、清潔感を重視し、施設のコンセプトにあった配色にする、といったようにコーディネート対象の空間が違えばアプローチも異なります。クライアントの要望を汲んだ上で、自身の中にあるイメージを形にするクリエイティブ性が必要なことが、この仕事の特徴です。

インテリアコーディネーターの求人特徴

インテリアコーディネーターの主な就職先としては、住宅メーカーや不動産会社、建築事務所などが挙げられます。リフォーム需要の増加や各種施設の多様化などによって、インテリアコーディネーターのニーズはますます高まっています。特に各種施設の多様化においては、商業分野などで多くの消費者層を掴むための施策として、室内環境にこだわり、他店にはないイメージを発信するといったように、独自のコンセプトを押し出すようになってきました。そういった流れのなかで、インテリアコーディネーターの活躍の幅は広がり続けており、今後の将来性にも大きな期待が持てます。
インテリアコーディネーターになるには特別な資格などは必要ありませんが、専門資格を有していたり、デザインや建築の知識を持っていたりすると、就職が有利になるといわれています。各メーカーで実務経験がある場合も、優遇される傾向にあるため、これらに該当する方は積極的にアピールしていくとよいでしょう。

インテリアコーディネーターに求められる人物像

インテリアコーディネーターに向いている資質として、色彩感覚をはじめとした美的感覚を磨いておくとは重要です。これらはデザインの知識を学ぶことで身に付けられる部分もありますので、インテリアなどの知識に加えて学んでおくことで、空間をトータルでデザインする職業として、活躍できる場面が増えてくるでしょう。
こうしたクリエイティブな職業では、アンテナを張り巡らせておき、世の中のトレンドに敏感でいることが必要になります。たとえば「好奇心が旺盛」「行動力がある」といった人は向いていると言えるかもしれません。
幅広い業界に対応できるだけの豊富な知識量を保つことと、新しい情報を掴む敏感な感覚やフットワークの軽さは、インテリアコーディネーターに求められる素質といえるでしょう。

「インテリアコーディネーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧