フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事内容

ニーズが高まっている「理学療法士」の仕事内容と目指し方は?

理学療法士の仕事内容

理学療法士は、何らかの原因で身体に障がいが出た患者に対し、生活に関わる基本動作から、社会活動で必要となる応用動作をできるように支援する職業です。例えば、後遺症により、「起き上がることができない」「歩くことができない」といった場合には、筋力強化や関節可動域の拡大などによる身体機能の回復を、「痛みが生じて何をするにも負担がある」といった場合には、温熱療法や電気療法などの物理治療による改善を目指します。
治療にあたって、適切な治療方法や改善プログラムを計画するのも業務内容のひとつであり、専門家の観点からリハビリに関する総合的なアプローチをする大切な役割を担っているといえるでしょう。また、階段や浴室、トイレに手すりをつけるなどといった住居環境に対するアドバイスも行うことがあります。

理学療法士の求人特徴

高齢化社会が進む中、理学療法士のニーズは年々増加傾向にあります。今後はこの傾向がより顕著になることが予想され、求人の数や活躍の幅はさらに広がっていくでしょう。就職先については、病院やクリニックが中心となっていますが、上記の理由から介護保険施設や福祉サービス施設も主な選択肢として挙げられるようになってきました。それぞれの施設によって特色が異なりますので、求人を探す際は、自身の目的に合わせて選ぶことをおすすめします。
理学療法士の求人要項として、国家資格である「理学療法士資格」を所持していることが求められます。取得のためには、4年生大学や短期大学、専門学校といった養成校で専門的な知識を身につけるのが一般的です。どれも総合的な知識を身につける場ではありますが、専門科目の習得は異なりますので、将来を見据えて学習の場を決めるとよいでしょう。

理学療法士に求められる人物像

理学療法士に求められるのは、患者に対する「思いやり」です。身体機能に異常が発生してしまった場合、患者は心身ともにダメージを負っている場合が多いため、身体機能だけでなく、トータル的にサポートすることが必要です。日々のルーティンとして作業を行うのではなく、親身になって患者に寄り添っていくことが大切です。
そして、患者との信頼関係はもちろん、施設の雰囲気を上手に構築するために、「積極的なコミュニケーションの姿勢」も必要になります。コミュニケーションは、患者・職員全員のモチベーションへと繋がるため、施設における重要な役割を担う理学療法士には欠かせない資質です。これらの要素を備えた人は、理学療法士に向いている人材といえるでしょう。

「理学療法士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧