フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

お金のプロフェッショナル「ファイナンシャルプランナー」になるには?

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナーは、資産の分析、設計、運用を相談者のライフスタイルに沿ってプランニングしていく仕事です。取り扱う範囲は保険、相続、貯蓄、投資、負債など多岐にわたり、お金に関するプロフェッショナルとも言える存在です。
仕事の形態は「企業系ファイナンシャルプランナー」と、「独立系ファイナンシャルプランナー」の二つに分けられ、それぞれで仕事内容が異なってきます。企業系ファイナンシャルプランナーの場合は、銀行、証券会社、保険会社、不動産会社などの金融関連企業に勤務し、営業職として活動するのが一般的で、独立系ファイナンシャルプランナーの場合は、個人事務所を営み、企業に対する資産運用や投資計画を提案するアドバイザーとして活動していくことになります。

ファイナンシャルプランナーの求人特徴

貯蓄や負債、資金といったお金に関する話題は多くの人にとって身近なものです。そのため、お金のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーはいつの時代にもニーズがある職業であり、銀行や信金、保険会社をはじめとした金融機関を中心に、証券会社や不動産会社などの金融関連企業も主な働き口となるでしょう。
ファイナンシャルプランナーとして働くには、専門資格を取得する必要があります。求められる資格は、国家資格である「ファイナンシャルプランナー技能士」と、民間資格である「AFP資格」及び「CEP資格」です。ファイナンシャルプランナー技能士は1級を上限として3級までのレベルがあり、高い等級を持っているほど優遇される傾向にあります。AFP資格は2級合格者以上が受講できるものであり、認定されると知識・技能共に高水準だとする証明になります。CEP資格はAFP認定者のみが受講できる最上級の資格で、取得できれば世界水準でその力量が認められるようになります。就職先に幅広い選択肢を持つためにも、これらの資格取得を目指すのが良いでしょう。

ファイナンシャルプランナーに求められる人物像

お金に関する幅広い知識を提供することが求められるファイナンシャルプランナーには、それを相談者に伝えるだけの応用力やプレゼンテーションのスキルが必要となります。一般の方々には馴染みの薄い専門的な内容を取り扱うため、内容を噛み砕いて、できるだけ分かりやすく伝えるテクニックが求められます。
また、相談者の信頼を十分に得るための柔軟なコミュニケーション能力も必須と言えます。顧客からの信頼を獲得することで、継続的な依頼が期待でき、自身の業務活動において成果をもたらすでしょう。
こういった素質を総合的に兼ね備えた人物が、ファイナンシャルプランナーに向いている人材だといえます。

「ファイナンシャルプランナーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧