フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性看護師の仕事内容

看護師の仕事内容

医療現場には欠かせない「看護師」になるためには?

看護師の仕事内容

看護師は、病気やケガのある患者に対して、医師の診断に基づいた診療をしたり、日常的なサポートをしたり、医療ケア全般を担当する職業です。患者だけでなく、家族に対する心のケアまで担当することも少なくありません。医療現場には必要不可欠な存在です。医者と患者を繋ぐ中間的な役割を担っているといってよいでしょう。
具体的な仕事内容としては、患者の体調を知るための問診や各種検査、症状の緩和・改善を図る点滴や注射の専門的な治療補助から、身の回りの援助をする食事や入浴、ベッドメーキングなどの日常生活に欠かせない身の回りの援助が主です。基本的にはこのような業務を日々こなしていきますが、なかには医師が行う手術の補助を専門とする看護師もいます。
医療は、年々高度化しており、業務内容はさらに多様化することが予想されます。同時に、対応できる人材も必要とされているため、看護師の需要はより一層高まっていくことでしょう。

看護師の求人特徴

看護師になるためには、「保健師助産師看護師法」という法律に則り、「看護師免許」を取得することが必要です。他にも、各自治体が行う試験に合格し、知事より交付される「准看護師資格」や、日本看護協会が行う専門看護師認定試験に合格して交付される「専門看護師資格」といった各種資格を取得するのも一つの手段となりますが、業務内容の制限があるため注意が必要です。
主な就職先は、大学・公立・私立などの病院で、次いで診療所となっています。大きな規模を誇る施設も多く、常に多くの人員が求められています。このほかには、血液センターや検診施設、看護師養成所といった幅広い就職先がありますが、近年の高齢化社会に伴って、保健所や介護施設の需要も高まり続けています。
看護師は、免許制という特徴を持っていることから、全体的に安定した需要があるため、まずは希望勤務地を絞ることからはじめるとよいでしょう。また、実務経験を持った方は即戦力として優遇される傾向にあるので、再就職を目指す際には大きな武器となります。

看護師に求められる人物像

職業柄、夜勤が続く特殊な勤務形態になることも少なくはなく、体力的・精神的にタフな人材が求められます。命を預かる日々の緊張感もこの仕事の特徴となるので、この点は看護師として働く上での必須条件となるでしょう。
さらに、医師や同僚の看護師はもちろん、患者やその家族と密接な信頼関係を築くことが求められることから、コミュニケーション能力も必要になります。業務をスムーズにこなすためにも、患者に安心した入院生活を過ごしてもらうためにも、欠かせないポイントです。
また、責任感や向上心も常に持ち続けなければなりません。医療業界は、時代とともに刻々と進化していくものであり、高度化する医療技術に対応していくことが必要で、日々の勉強を積み重ねることが大切です。

「看護師の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧