フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事内容

「社会福祉士」の仕事内容は?どんな場所で活躍できるの?

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事は、病気や障がい、また生活状況などさまざまな理由によって日常生活に支障をきたしている人やその家族からの相談を受け、サポートを行うことです。その相談内容は多岐にわたり、身体・精神・知的障がい者の支援や高齢者介護に関する相談、生活保護の受給手続きや児童福祉など多種多様。時には福祉事業所や医療機関と連携し、相談者に適した地域サービスや公的支援を仲介することもあります。社会福祉士はソーシャルワーカーと呼ばれることが多いですが、勤務先によって肩書きや、具体的な仕事内容が変わります。
高齢者施設や障がい施設などの福祉施設に勤務する場合は、「生活支援員」として本人や家族からの相談を受けます。施設利用者が自立した生活ができるように援助計画を立て、本人の近くで支援していくのが主な仕事です。行政手続きの代行や、医療機関と連携して援助することもあります。また、市役所などの行政機関に勤務する場合は、行政の窓口として地域住民の相談役として、地域に根差した支援体制を整えるのが主な仕事です。そして、病院に勤める場合は「医療ソーシャルワーカー」として患者さんからの相談を、学校に勤める場合は「スクールソーシャルワーカー」として児童や保護者からの相談を受けます。

社会福祉士の求人特徴

社会福祉士は名称独占の国家資格であり、どの勤務先で働くにしても、この資格を持っている人だけが「社会福祉士」を名乗れます。福祉分野全般だけでなく行政機関や教育機関など幅広い場所に求人があり、高齢者福祉施設や障がい者施設、都道府県庁や福祉事務所、社会福祉協議会、病院、保健所などさまざまな場所で活躍することができるでしょう。
ただし、行政機関や教育機関など、公的な機関の求人は少ない傾向にあり、競争率が高くなっています。さらに、市役所などの行政機関の場合は、一般行政職として公務員試験に合格しなくてはなりません。働く場所としてはその約5割を社会福祉施設等が占め、続いて社会福祉協議会等、医療機関となっています。高齢者社会を迎えるにあたり、これからもますます需要が伸びていくと考えられる職種だといえるでしょう。

社会福祉士に求められる人物像

社会福祉士に必要な素質は、なんといってもコミュニケーション能力です。相談者本人やその家族の相談を受け、信頼関係を築いていくことが主な業務となるため、人と接することが苦にならない人が求められます。 現代社会において、その相談内容は複雑化しており、必要な援助は多岐にわたります。また、サービスの内容も昔に比べて多様化してきており、選べる選択肢の幅も広がっているため、社会福祉士は常に相手の立場に立ってしっかりと話を聞き、ニーズを正確に読み取らなくてはなりません。
また、福祉業界は横の繋がりが広い業界です。他の専門職の人と各種調整を行うための対話能力、相談者の小さな変化も見逃さない鋭い洞察力や、細かな気配りが必要となる仕事でもあります。

「社会福祉士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧