フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性マスコミの仕事内容

マスコミの仕事内容

アルバイトのからのスタートも可能!専門技術を学びマスコミでオシゴト!

マスコミの仕事内容

テレビなどの放送業界、新聞を発行する新聞業界、雑誌・書籍を出版する出版業界、企業など広告を発信する広告業界など多岐に渡ります。
具体的な仕事内容としても、アナウンサーやキャスター、レポーター、ディレクター、プロデューサー、放送記者、放送技術者、シナリオライター、ビデオディレクター、AVデザイナー、新聞記者、編集者、ライター、広告代理店、クリエーティブディレクター、イベントプランナーといった多くの職種があります。
マスコミ関連の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

マスコミの求人特徴

特別な資格は必要ありませんが、それぞれ専門技術が必要な仕事なので、専門学校で学んだり、アシスタントとして経験を積んで知識を増やし、写真、映像、音響など各専門分野の専門知識・技術を高めていくことが必要です。どの業務に携わる場合も大勢のスタッフ・関係者との共同作業となるため、周囲とのコミュニケーションをきちんと取ることや協調性も大切な要素です。雇用形態も正社員、契約社員のほか、アルバイトからスタートして社員登用されるケースも多く、主に放送局や新聞社、制作・編集プロダクションなどで仕事をします。

マスコミのお仕事体験談

映像制作会社でディレクターをやっています。大手放送局の下請け会社ですので、作成する映像の種類はさまざまです。スケジュールがずれることも少なくありません。しかし映像を作りたいという人にとっては、夢を叶えられる貴重な職場です。下請け会社であっても、多くの人に情報を伝えるという責任感があります。クリエイティブな仕事ですから、毎回違うものを作らなくてはならず、刺激もたくさん受けます。体力面ではハードですが、完成した作品を見たときはやはり嬉しいです。

「マスコミの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧