フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容

ハイテク社会に必要不可欠な存在として様々な業界に関わることが可能なお仕事です

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容は、プログラム言語を用いてプログラムを組み、システムやソフトウェアを作ることです。具体的には、パソコンやスマートフォンのインターネット上で動くアプリケーション開発を行うWEBプログラマーや、ゲーム開発・制作を行うゲームプログラマー、家電製品や携帯電話、デジカメなど、機械の中に組み込むプログラムを開発する組込・制御系プログラマー、ウィルスセキュリティソフトや表計算ソフトなどのパソコンにインストールして使うソフトを開発するパッケージソフトプログラマー、ネットワーク機器やテレビ会議、IP電話を使ったシステム開発など、コンピュータ間のデータ送受信に関連したプログラムを開発する通信系プログラマーなどがあります。
仕様書通りに作ったとしても意図する動きにならない場合に、不備を見つけるのもプログラマーの重要な仕事の一つです。
プログラマーの求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

プログラマーの求人特徴

黙々と作業をしつつも、常に新しいことを考えられる人はプログラマーとして向いているタイプです。業務として同じことを繰り返して作業を効率化する手段を検討できる人は、スキル向上につながる場合も多いでしょう。
プログラミングスキルの他には、問題解決やプロジェクトの進行にあたり、他の技術者なやシステムエンジニア、プロジェクトマネジャーといったチームのメンバーとのコミュニケーションを取る能力が必要になってきます。コミュニケーションに長けている方は、さまざまな職場に行っても活躍できる技術者になれる素質を持っていると言えます。

プログラマーのお仕事体験談

WEBシステムのプログラマーとして仕事を行っています。プログラマーをやっていて、一番よかったことは、自分が作ったプログラムが実際に活用されているのを見たときです。プログラムは早いものでは半日程度で完成しますが、どれも、お客さんの要望と自分のアイデアを擦り合わせて生み出されるものです。ある意味、独創性に富んだ仕事と言えます。「自分が作ったものが人の役に立っている」という意味も含めて、とてもやりがいがあります。

「プログラマーの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧