フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性オペレーターの仕事内容

オペレーターの仕事内容

電話案内にPC操作!気軽にできるオフィスワーク!オペレーターのお仕事内容とは!?

オペレーターの仕事内容

オペレーターの仕事内容には、化粧品や健康グッズ、その他様々な商品においてクレームや受付対応をするテレフォンオペレーター、書類の作成やデータ入力や画像の調整などを行うコンピューターオペレーターなどがあります。
テレフォンオペレーターの仕事では主にコールセンターにおいて、テレフォンショッピングなどの商品注文やアフターフォロー、料金の問い合わせ対応、資料請求受付、テクニカルヘルプデスク、お客様相談窓口といった業務の電話を受ける「受信業務」と、顧客満足度調査やアンケート調査、申込みなどのお礼電話、代金未払の督促、営業フォローのために電話をかける「発信業務」があります。
コンピューターオペレーターの仕事では、構造物や機械など設計士やデザイナーの描いた設計図を、CADソフトを用いて正確な図面に仕上げるのがCADオペレーターや雑誌や書籍、ポスターや広告などで、デザイナーが制作したデザインをもとに、DTPソフトを使って印刷用データを作成するDTPオペレーターなどがあります。
オペレーターの求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

オペレーターの求人特徴

テレフォンオペレーターの仕事は、通信販売や、銀行、カードの電話サポートをする会社などで募集があります。対応の内容については、入社してから学ぶことが多く、特に資格は必要ありません。ただ、電話をしながらパソコンに入力することが多いため、素早いタイピングが出来ると役立つでしょう。コンピューターオペレータにおいても、作業スピードが重要となるため、タイピングの速さは重要です。

オペレーターのお仕事体験談

私はテレフォンオペレーターをやっています。主な仕事内容はお客さんが購入した商品に対する質問を丁寧かつ分かりやすくお答えする仕事です。特に気を付けていることは、その人のペースに合わせて話す、言葉使いや声のトーン、大きさなどです。クレームの場合は、相手の気持ちをくみ取り、真摯な対応を心がけています。この仕事に就いて一番嬉しいことは、 お客さんから「わかりやすかったです」や「ありがとう」と言われると、次も頑張ろうという気持ちになります。

「オペレーターの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧