フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性営業の仕事内容

営業の仕事内容

その道の一流を目指そう!結果が反映されやすいお仕事!営業

営業の仕事内容

営業では、自社の商品を多くの人に知らせ、購入するように促すことで対価を得て、会社に売り上げ・利益をもたらします。企画営業の場合は、さらに顧客の課題を見つけ、解決するための企画・提案を行います。営業・企画営業は会社の根幹を支える専門職と言えます。
営業職は、新規の顧客開拓をメインとするのか、既存顧客のフォローをメインとするのかという点や、法人向け営業なのかと個人向け営業なのかという点などにおいて、営業の仕方が異なります。どのような商材を、どのような層に向けて販売する仕事なのかということに注目しておくと、入社後の働き方がイメージがしやすいでしょう。
また営業は単に販売することだけが目的ではなく、一番お客様に近い存在として顧客ニーズを拾い、商品の改善や企画に役立てることが可能な仕事でもあります。
営業の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

営業の求人特徴

未経験募集も多い営業職ですが、日々、経営者から現場のスタッフなど、さまざまな立場の人と接する仕事であるため、人とコミュニケーションをとることが好きな人には向いています。雇用形態は、正社員のほか契約社員、派遣社員と幅広く、営業成績によって給料が決まる歩合制の契約形態を採用している企業も多数あります。

営業のお仕事体験談

私は、不動産関係の営業をしていました。物件を探しているお客様を探すことや、物件のオーナーに交渉すること、物件を案内すること、ローンの相談にのることが主な仕事でした。ノルマは特にありませんでしたが、営業成果が年2回のボーナスに反映されていました。給与については資格を取得していると手当がついていました。残業は多かったですが、その分人脈が広がり、仕事関係での交流範囲が広がりました。交流の場によっては、情報交換などの共有もでき仕事に生かすことができました。

「営業の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧