フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性工場系の仕事内容

工場系の仕事内容

ラインやピッキング作業、クレーンの運転など!工場系のお仕事はみんなの生活を支えています

工場系の仕事内容

工場系の仕事内容には、ベルトコンベアなどで流れてくる製品を組み立てるために、配置された作業員たちが決まった単純作業をこなしていく「ライン作業」、ライン作業を行いながら、ライン全体の流れをチェックし、管理する「ライン管理」、トラックで届いた部品を入庫し、倉庫からラインへ部品を補充する「物流」、伝票に書かれた部品を、棚から集めていく「ピッキング」、クレーンを使って運搬を行う「クレーン運転手」、金属部品を扱う工場などで、NC旋盤やマシニングセンタなどを扱って切削加工などを行う「マシンオペレーター」といった一連の技術的な職種の他に、総務・人事・経理などの会社のバックヤード的な機能を一手に担い、電話対応なども行う「事職職」など、さまざまな種類があります。
マシンの操作を伴う作業には免許が必要ですが、ピッキングやライン作業における仕事は、初心者でも始めやすい募集が多くあります。
工場系の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

工場系の求人特徴

工場系の求人は、深夜時間帯でも募集があります。24時間稼働している工場も多いので、深夜や早朝といった時間帯の募集は探しやすいでしょう。基本的には昼間であれ、夜間であれ仕事内容は同じである場合が多いです。工場での勤務は、営業や接客業などに比べると外部の人との接触が少ない傾向があるため、人見知りでも働きやすいとう面があります。

工場系のお仕事体験談

工場で医療品の検査をしています。医療品といっても薬などではなく、病院で使うマスクやスポイトなどの品質検査をしています。実際の医療現場で使うものですので、品質には厳しい基準が設けられています。その基準に達していないものはないか一つ一つ手作業で確認します。検査漏れがあれば患者さんの命に関わるかもしれないと危機感を持って仕事に臨んでいます。上司から「ここの工場で検査したものは品質が高い」といわれると嬉しいです。

「工場系の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧