フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性製造の仕事内容

製造の仕事内容

「手作業・ライン作業・機械作業」など業務は様々!ビギナーから目指せ職人!製造業!

製造の仕事内容

製造業の仕事内容には主に、製造ラインで流れてきた商品を加工・組み立てをしていくライン作業や、特定の技術を持ち、一つ一つの商品および部品などを専門に手作業で作る作業などがあります。
最終的に出来上がる製品によって、詳細な製造過程は大きく異なりますが、商品を加工するところから生産するまでを製造の仕事と呼びます。
その業務の種類は、組み立て、検品、仕分け、梱包、ピッキング、フォークリフト、マシンオペレーション、加工、溶接、プレス、板金、塗装、食品加工など、多岐に渡ります。
食品の場合は、ベルトコンベアーに流れてくる食品の形を整えたり食品の仕上がりを眼で見て検査をする、製造工程に用いる機械の管理、商品を包装、倉庫に搬入などをそれぞれの担当者が分業して行います。
自動車の場合は、部品や車の機材を組み立てたり取り付けたりする人がいて、プレス、板金・塗装といった工程を同じく専門の担当者が分業して担う形で一台の車に仕上げていくのが仕事です。

製造の求人特徴

製造業に就くための資質としては、物作りが好きである、良い製品を作ることに情熱が注げる、技術の向上に努められるといったことが挙げられます。業種にもよりますが、クレーン車やフォークリフトの運転免許、危険物取扱者や衛生管理者といった資格を取っておくと、役立ちます。
近年では、入社後の専門資格の取得を支援するプログラムを持った企業も増えていますので、あらかじめ資格がなくてもスキルアップしていくことができるケースもあります。

製造のお仕事体験談

私は、自動車の部品メーカーで仕事をしていました。工場には、正社員、派遣、パート、アルバイトなど、様々な雇用形態の人がいましたが、仕事内容に差があることはなく、一緒のラインで仕事をしていました。同じ作業を繰り返すわけですが、1つ1つ丁寧にこなさなければいけないので、集中力を切らさないことが1番大変でした。作業時は、自分の担当をこなすため、私語はできませんでしたが、休憩時間は、一緒に作業する同僚と楽しく食事をして、和気あいあいとした職場でした。

「製造の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧