フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性警備の仕事内容

警備の仕事内容

警備に関わり、イベントや施設内でのお仕事が円滑に行われるようにパトロール!

警備の仕事内容

警備員とは、人々に「安心」「安全」を提供する仕事です。主な仕事内容として、工事現場や駐車場などで、事故を防ぐために人々や車を誘導する「交通誘導警備」、花火大会などの屋外イベントやお祭り、コンサートなどで、人や車を円滑に誘導する「雑踏警備」、施設に常駐し、犯罪等を未然に防ぐ為の「防犯」と、事故や火災などを防いだり、被害を少なくするための防災の役割を担う「施設警備」などがあります。
交通誘導警備は、警察官が行う交通整理とは違い法的な強制力はないですが、車や人を円滑に流すことで事故を防ぐのが目的として、ショッピングセンターや大型スーパーなどの駐車場などで多く勤務しています。
雑踏警備は催事警備とも呼ばれ、イベントやコンサート会場内を巡回し監視を行ったり、入口で不審者や不審物が持ち込まれないかどうかをチェックしたり、受付のような業務も行います。
施設警備での防犯・防災のための業務は、施設によって多岐にわたり、工場などにおいては機械に異常がないかどうかの監視業務も行う場合もあります。
警備の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

警備の求人特徴

銀行など金融機関でのお金などを守る警備員は時間に正確、几帳面なといった真面目な資質の人が選ばれることが多いです。大金を運ぶ仕事であるため、信用のおける人となりの人物が選ばれる傾向があります。
工事現場などでの交通指導の警備員は、自分も車に跳ねられる危険性があることや、勤務時間帯が深夜にもなる、真冬の寒さ、真夏の暑さといった厳しい環境下での勤務にもなることがある点から、それらに耐えることが出来る体力・気力が求められます。

警備のお仕事体験談

施設警備の仕事をしています。20時から5時までの夜間勤務をしています。日給は9000円ほどです。夜間は時給が上乗せされるので、ほかの警備の仕事よりは多くもらっているかもしれません。3、4箇所の施設をグループで分担して警備しています。1週間目はここ、2週間目はあちら、と言った感じです。1人で警備することはなく、複数人で警備をしますから、同僚とのチームワークも大事です。すごく忙しいということはありませんが、いつも気を張って警備をしなければいけないので体力は使います。

「警備の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧