フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性雑貨関連の仕事内容

雑貨関連の仕事内容

自分のアイデアでお店を変えよう!買い付けからPOP書きまで多岐に渡る雑貨関連のお仕事

雑貨関連の仕事内容

雑貨といっても、インテリア雑貨、生活雑貨、ハンドメイド雑貨、輸入雑貨など様々なジャンルがあります。どのジャンルに興味があるかによって勤務先が変わってきますので、どのような商品を扱っている店舗なのかを事前に調べておくとよいでしょう。
また仕事内容も、商品をデザインしたり、作ったりする制作業務のほか、店舗での在庫管理・販売業務、商品の仕入れ・海外からの輸入業務など多岐に渡ります。最近では店頭販売だけでなく、インターネットを使った通信販売も並行して行っているケースが多いため、インターネットから注文を受け付ける、商品をパッキングして発送する、仕入れたばかりの新商品の写真を撮影してホームページに掲載するといった仕事も業務内容に含まれます。
雑貨の求人は、企業及び店舗の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

雑貨の求人特徴

雑貨関連の求人は、商品の企画・デザインの場合は、雑貨を販売する会社の企画・販売部門が主な就職先となっています。雑貨の販売員の場合は、コンセプトを持ったお店づくりを行っている店舗が多いため、お店にマッチした人材であるかといった観点で見られることも特徴のひとつです。店全体の商品の管理(受注・発注・検品・品出し・在庫確認・商品知識・ディスプレイ)や売り上げの管理などの事務処理も多いため、計算用のオフィスソフトなどが扱えると業務に役立ちます。

雑貨のお仕事体験談

私は、地元の小さな雑貨店で働いています。私の仕事は、店内の掃除やディスプレイ、品出し、在庫管理、ポップ作りです。私は働き始めて2年目ですが、ディスプレイを何回か経験してくると、なんとなくこれが売れそう、こうしたらもっと手にとってもらえるかも、ということが分かるようになりました。私は絵を描くことが好きなので、商品のポップ作りを任されています。ポップに描いてあることを読んで、お客さんが買ってくれたときは嬉しいです。

「雑貨関連の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧