フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性フードの仕事内容

フードの仕事内容

お客様の満足が第一!接客、開発、コーディネート等フードのお仕事内容とは!

フードの仕事内容

フードに関わる職種には主に、飲食店スタッフ、フードコーディネーターなどがあります。
飲食店の仕事では、レストラン・カフェでお客様に料理を提供するウエイター・ウエイトレス、料理を作る仕事を行うキッチンスタッフ、ファーストフード店のスタッフといったものがあり、これらの職種は、基本的に勤務先である店舗で業務を行います。その他にはスーパーバイザー・エリアマネージャーと呼ばれる複数の店舗を統括したり、新しい店舗の開発を手掛ける職種もあります。
フードコーディネーターの仕事では、食品開発、レストランのプロデュース、メディアを使った情報発信など、さまざまな形でフード関連ビジネスの関わります。食に関する専門知識や経験と、マーケティング・経営・マネジメントの知識を兼ね備えていることが求められます。

フード業界で働く

ホールスタッフでは、担当エリアもしくはお店全体を見回し、お客様が何か求めていないか等気配りをしたり、出来上がった料理は冷めないうちにを素早く運ぶ等、全体を把握するスキルが求められます。気持ちの良い明るい接客に加え、ちょっとした気配りが、料理を一層引き立て、居心地の良い時間を提供できる大切な仕事です。
調理スタッフは、多岐にわたりますが、素材の下準備から、味付け、盛り付け等、細部までこだわることで、お客様にまた来たいと思ってもらうことが出来ます。未経験でも、下準備からコツコツと作業を教えてくれるお店もあるので、包丁を握ったことがない方でも、自然と料理の基本が抑えられるようになるというメリットもあります。
シェフやパティシエの場合は、調理師免許や製菓衛生師などの免許を取得していると応募の幅が広がります。フードコーディネーターは、食品関係の企業や料理教室から求人が出ていることがありますが、未経験の場合はアシスタントとして採用され、学びながら働くことができます。

「フードの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧