フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性作業療法士の仕事内容

作業療法士の仕事内容

「作業療法」とは?作業療法士の仕事内容となり方

作業療法士の仕事内容

手芸や工作、家事といった日常的な行為を通じて、精神などの障がいを改善することを作業療法といいます。作業療法士は、作業療法を用いて、身体や精神に障がいを持っている人の社会復帰を手助けする仕事です。病気で身体が麻痺してしまい、身体を思うように動かすことができない方の場合は、身体作業に着目し、治療方針を検討します。
理学療法士によるリハビリを経た後、遊びなどを通じて、日常に必要な動きが最低限できるよう、サポートを行います。業務はチームで行うため、周囲の医療従事者との連携が不可欠です。
勤務地は主に、病院やリハビリ施設などの医療機関です。治療によっては患者を支えるなど、力仕事が必要とされる場面もあります。

作業療法士の求人特徴

求人は比較的安定して存在しています。病院などの医療機関内だけでなく、近年は訪問看護の場面においても、活躍の場が広がりつつあります。将来的に高齢化が進む見通しの日本では、需要は増加する見込みです。働くには「作業療法士」の国家資格が必要です。
国家試験の受験には専門学校や特定の課程がある大学の卒業するなど、要件が必要なため、あらかじめ確認しておきましょう。
業務の幅を広げるために『理学療法士』などの資格を取得する方もいます。医療機関で勤務する場合、シフトは施設の開業時間に合わせたものになるでしょう。日曜・祝日はお休みの場合が多いです。

作業療法士に求められる人物像

身体的、精神的な障がいを克服するためのプログラムを実施するため、コミュニケーション能力は必須です。毎日明るい笑顔で、患者と接することはもちろん、ネガティブな言動を行わないなど、医療従事者として自覚のある行動が求められます。
勤務先によって携わる症例も変化するため、都度医療知識を取り入れる向学心も必要です。座学や実習など研修内容は充実している傾向にあり、場合によっては医療先進国へ行き、研修を行うこともあります。
近年医療はチームで情報を共有し、治療にあたることが多いため、医師や看護師、理学療法士の報告を明確に理解し、アイデアや意見を積極的に提案できると良いでしょう。

「作業療法士の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧