フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性証券会社の仕事内容

証券会社の仕事内容

意外と知らない証券会社でのお仕事を解剖!お金のエキスパートになろう

証券会社の仕事内容

証券会社の仕事には主に、投資家から株式や債券の売買の注文を流通市場に取り次ぐ「委託売買(ブローカー業務)」、一般投資家と同じように、証券会社が自分のお金と自分の判断で有価証券を売買する「自己売買(ディーラー)業務」、株式会社や国が株式や債券を新たに発行するとき、証券会社が売り出す目的をもって、その全部または一部を買い取る「引き受けおよび売り出し(アンダーライター)業務」、募集・売り出しの取り扱いは、新たに発行される証券やすでに発行された証券について、多くの投資家に向けて買い入れるように勧誘する「募集・売り出しの取り扱い(セリング)業務」の4つがあります。この4つの業務を全部になっている証券会社を「総合証券会社」と呼びます。証券会社の社員は、顧客に株式情報を提供したり、顧客から有価証券の売買注文を受けて、顧客に代わって取り引きを行います。そのほか、顧客からの資産運用についての相談に乗ったり、新規の顧客を開拓することもあります。
証券会社の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

証券会社の求人特徴

証券会社の求人における採用試験の対象は大卒者が主となっていて、大手証券会社の場合、幅広い系統の学部での採用が行われています。
株券など有価証券の売買を行うにあたっては、まず外務員の資格を取得します。日本証券業協会が実施している外務員資格試験に合格し、外務員登録をする必要があります。試験種別により扱える商品の範囲が異なり、一種外務員試験に合格すると、証券会社の取り扱うすべての商品の営業が可能となります。二種外務員は、先物取引、オプション取引の業務ができないほか、信用取引についても制限があります。

証券会社で求められる人物像

顧客の大切な財産を運用するという仕事柄、信頼されるに足る豊富な知識を持っていること、株式の取り引きは必ずしもよい結果ばかりが出るとは限らないため、少々のことでは挫けずに、粘り強く努力を重ねられることが求められます。
また、刻々と変化する株式市場の動きを的確にキャッチアップする洞察力や、状況に応じて手際よく対処できる機転も重要な資質と言えます。

「証券会社の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧