フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性百貨店の仕事内容

百貨店の仕事内容

販売だけじゃない!バイヤーや企画職などお仕事はさまざま!百貨店業務

百貨店の仕事内容

百貨店の仕事内容では主に、担当する売り場で接客、商品の販売、発注、在庫管理、伝票処理などを行う「販売職」、販売スタッフへの指導や教育、売場全体のマネジメントなども行う「マネジメント職」、担当するセクションの商品の選定、仕入、新規ルートの開拓などを行う「バイヤー職」、より多くの集客を見込むため、イベント、物産展などの企画、運営を行う「販売支援職」、多額の購入をする個人や法人に対して、店舗外で直接顧客宅を訪問して商品を販売する「営業職」があります。
百貨店の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。未経験から始められる職種もありますが、バイヤーは販売員として経験を積んだのち、本人の希望や適性によって転身する流れが一般的です。

百貨店の求人特徴

百貨店の求人の特徴は、コミュニケーション能力を重要視している点です。百貨店の特徴である顧客に寄り添う丁寧な接客が求められるため、必要になるスキルです。
新卒採用の求人では、一括採用後、適正により配属される部署が決まることが多いのに対し、中途採用の場合は、募集している部署が決まっているケースが多いので、求人情報を探す際、あらかじめ希望部署がある場合は、配属部署がすでに決まっている求人なのかということを確認すると良いでしょう。

百貨店で求められる人物像

どの職種であっても、コミュニケーション能力の高い人が求められています。お客様のニーズをしっかり聞き、それに合った商品を選ぶお手伝いをするために高度な接客が大切だからです。時には、お客様の言葉には出なかった潜在的なニーズを探る必要性もあります。そのため、コミュニケーション能力はとても大切なのです。
また、何らかの販売、接客業の経験が応募条件に含まれることもあります。特に必要な資格はありませんが、外商営業の募集では、普通自動車運転免許が応募条件となることがあります。

「百貨店の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧