フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性機械設計の仕事内容

機械設計の仕事内容

乗り物から小物まで!コツコツ丁寧な業務が求められる機械設計のお仕事内容

機械設計の仕事内容

機械設計といってもその分野は広く、対象製品の規模を基準に、プラント・重機械等の「重工業系」、自動車・電車・航空機・船舶・工作機械等の「一般機械系」、デジカメ・時計・パソコン・携帯電話等に代表される「精密機械系」と大きく3つに分類することができます。
しかしながら「より軽く・小さく」といった軽少化が求められる傾向にある精密機械と、「強く・頑丈」であることが求められる重工業機械では、実際の技術内容は大きく異なるといった面があります。
製品の企画やデザインを元に、機械部品の設計の図面作成は、CADを使って進めていきます。機械設計では材料工学、熱力学、流体力学、摩擦・摩耗・潤滑工学等の広範囲な知識が必要となります。
機械設計の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

機械設計の求人特徴

日進月歩で進化する素材等の最新情報をキャッチアップするための探究心をはじめ、最先端技術を基に新機能を実現するためのアイデアを考え、実際の図面に起こし、試作品を完成させ、検証を重ねるといった一連のプロセスには論理的思考力が欠かせません。試作品が予想通りの動作をしない時は何度も設計段階に立ち返ったり、コスト削減を達成するために様々な素材でシミュレートしたりと、コツコツと積み重ねていく緻密性や継続性も必要なスキルと言えます。また様々な部署と連携するためのコミュニケーション力等も問われます。
大学、専門学校、高校等で機械工学を専攻した後にメーカーに入社し、キャリアを積む場合が一般的です。CADオペレーター職は、未経験からチャレンジできる求人もあります。

機械設計で求められる人物像

機械設計では、機械、電気工学などの専門知識を用いて、機械の設計を行います。そのため、工業高校、高専、大学で機械、電気工学の専門知識を習得していると有利です。そして、転職先企業が設計している機械と同種の機械の設計経験が転職者に求められます。未経験者を採用している企業では、理系大学を卒業していることが条件となっている場合が多くみられます。さらに、顧客のニーズやユーザーの使いやすさ、安全性や環境への配慮など、細部まで考慮し、創造力豊かに、ものづくりに取り組む姿勢も重要視されています。

「機械設計の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧