フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性海運の仕事内容

海運の仕事内容

英語力を活かして外国で働こう!海運関係は船での貿易に関わる職種です

海運の仕事内容

海運の仕事内容には主に、陸上職の事務系では航路運営、運航管理、集荷営業、港湾管理、企画、情報システムなどを手掛ける「事務系陸上職」、造船計画、船舶試設計、工務監督、船舶保守、管理・新技術の開発などを手掛ける「技術系陸上職」、航海士とは主に船の甲板で操縦や指揮をとる「航海士」、主に船舶の機械を整備する「機関士」、船内に空きスペースが生まれないように積荷を集めて、船を送り出す「営業」、その他、企業経営の正常化や業務の効率化などバックエンド的な役割を担う部署があります。
海運業の求人は、企業の採用情報ページのほか、専門の求人ポータルサイトなどで探すことができます。

海運の求人特徴

海運業の求人に就くためには、高い英語力が求められます。海運業界の仕事内容には、国際的な運搬業務も数多くあるためです。海運業界で仕事をするに当たって英語を使用する頻度は非常に高く、職種にもよりますが、基本的に毎日英語を使用して業務を行います。クライアントからのメールを読むためのリーディング能力、返信をしたり、自らコミュニケーションを取るためのライティング能力、その他、読み書きにおいては、より効率的な業務運営のために、精読や速読スキルも重要な要素です。
海外支社とのやり取りを電話で行うには英語での会話が必要になりますので、読み書きの能力だけでなく、リスニングやスピーキングスキルも必要な職種と言えます。

海運で求められる人物像

地上職は、海外と関わる仕事がしたい方に向いている職場環境です。部署や職種によっては英語を日常的に使うことや、海外勤務になることもあります。仕事では世界中の荷主や税関、港湾関係者とやり取りが必要です。したがって海運業界経験者が求められることが多いのですが、貿易実務の経験者が異業種から転職できる場合もあります。社内外や異文化の人とのコミュニケーション能力の高さが生きる仕事です。

海上職は船の運航に関する専門技術を持ち、それを深めようとすること、そして、航海中は船という閉ざされた人間関係の中で何日も過ごすので、コミュニケーション力が求められます。

「海運の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧