フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性造園業の仕事内容

造園業の仕事内容

造園業のお仕事は手入れなど職人的な側面と、設計などデザイン的な側面が存在します

造園業の仕事内容

造園業の主な仕事内容としては、個人宅の庭木の手入れの他、庭園、公園緑地、道路等を築造する工事における整地、樹木の植栽から景石の据え付け、建築物の屋上等を緑化する工事、植生を復元する工事等を施工する造園工事業のほか、他公園や大きな庭などで木を切りそろえなどの植樹・植栽維持管理なども行います。
近年では、ヒートアイランド現象の緩和策として都市部の建築物屋上の緑化工事も増えており、これらの作業に従事する事業者を、造園業者または造園工事業者といいます。造園業者、造園工事業者は植木商や花屋、外構の製作、石材商などを兼ねている場合が多くあります。造園工事自体は建設工事の一部として建設業の扱いになるため、1件当たり500万円以上の造園工事を請け負って造園業を営む場合は、建設業法に基づき造園工事業の許可を取得する必要があります。
造園業に就くには、造園会社に就職し、修行する、通信教育・学校で資格をとって開業する、庭園施工管理の職業訓練を受けて資格をとり独立する、業務委託形式の植木屋サービス会社で独立するといった方法があります。
造園業の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

造園業の求人特徴

現場の管理をする施工管理の職種には、造園施工管理技士や土木施工管理技士、造園技能士の資格があれば採用されやすい傾向にありますが、無くても資格取得を応援する会社もあります。また、エクステリア設計や庭園設計の職種では専用CADソフトが使えることが必須です。

造園業で求められる人物像

現場で庭の施工やメンテナンス、植木の手入れや剪定を行う職人など、現場で作業する仕事は屋外での体力仕事なので、暑さ寒さに強い身体が必要です。また早朝開始なので早起きできることも条件のひとつです。脚立や高所での作業もあります。顧客宅での作業になるので、顧客を安心させるような身だしなみや対応力があれば、指名してくれる固定客をつかむきっかけになります。

施工管理や現場監督では対顧客、対職人や作業員とのコミュニケーション力が必要です。行程によって職人や作業員が変わるので、いろいろな個性の持主を束ねる力が求められます。

「造園業の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧