フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性イベント企画の仕事内容

イベント企画の仕事内容

楽しいイベントを作り上げよう!広告代理店や広報等、イベント企画関連のお仕事!

イベント企画の仕事内容

イベント企画の仕事内容には主に、企業の販売促進キャンペーン、博覧会、自治体のフェスティバル、コンサートといった各種催事の企画、準備、運営管理などがあります。広告代理店やイベント企画会社や地方自治体の広報室などに勤務している場合が多いです。特に有利な学部はありませんが、音楽イベントに携わる人は音楽ビジネス関連の専門学校、ブライダルイベントに携わる場合はブライダル系の専門学校で学ぶことも可能です。
イベントの企画主旨が確定すると、現地視察を行うなどして情報を収集し、イベントの目的に最もふさわしい演出方法を検討します。会場作りから、パンフレットなどの制作物、会場内の音響や照明、美術効果、宣伝やPRに至るまで、総合的にプロデュースすることを求められます。規模の大きな国際的なイベントなどの場合は、複数のイベントプランナーが窓口となって、それぞれの持ち場を担当するケースもあります。
関連資格として、社団法人日本イベント産業振興協会が実施する「イベント業務管理士」1級・2級資格試験があり、2級の受験資格は、受験年度に満23歳以上で、イベント業務に関する実務経験が3年以上の者となっています。
イベント企画の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

イベント企画の求人特徴

イベント企画の求人は、学歴不問で大学や専門学校での専攻も問われないものが多い分、学生時代にサークル活動でイベントを企画または主催したことがある、音楽やスポーツ、舞台関係のイベントを趣味で開催したことのあるといった、経歴(経験)を活かせる可能性があります。

イベント企画で求められる人物像

イベント企画の仕事はクライアントや会社内の他部署との折衝が多いので、コミュニケーション能力は必須条件です。他業種や他の職種からの転職では、コミュニケーション能力の高さが経験を補うことになります。

また、音楽イベントならば音楽が、スポーツイベントならばスポーツが好きで詳しいと、新たなイベント企画を生み出せる可能性になることから、採用につながりやすいです。

メールやパソコンでの書類作成やプレゼンテーションもあるため、それらのソフトウエアが使えることも必要です。

「イベント企画の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧