フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性建設会社の仕事内容

建設会社の仕事内容

あの学校や病院、あの道路などを「作る」に関われる!建設会社でのお仕事!

建設会社の仕事内容

建設会社の仕事内容には主に、直接発注者と接する窓口の役割を担う「営業」、利便性やデザイン性を追求・工夫し、発注者の要望を叶える「設計」、建設工事の施工計画や、建設現場での工程・品質の管理を行う「施工管理」、エレベーターや空調、電気などの設備の配置を考え、快適に過ごせるような空間にする「設備」、工法の研究・資材の開発を行なうことで理想的な空間づくりを実現するための技術を研究する「研究開発」があります。
建設業は大きく分けると「土木」と「建築」に区分され、仕事の内容には大きな違いがあります。土木工事は、道路やトンネル、河川や橋、水道といったインフラ整備であり、生活する上で必要な基盤を構築・整備する工事です。その多くは、公共工事として発注されます。建築工事は、住宅・学校・病院などの建物を建築する工事のことを指します。
これらの建設工事では、全体の施工管理を行う総合工事業者と、鉄筋、型枠大工などの躯体工事、左官、塗装などの仕上げ工事、空調、給排水などの設備工事などを行う各種専門工事業者が、建設するものに応じたチームを組んで仕事をするケースがほとんどです。専門工事業者はその専門性により26業種に分かれており、総合建設業者と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていきます。
職種によって、それぞれ必要な資格が異なりますので、注意しましょう。
建設会社の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

建設の求人特徴

建設業界では、資格を持っていないとできない仕事もあるため、実務経験と合わせて、一級土木施工管理技士や技術士(建設部門)といった専門的な資格を持っていることが、採用において大きな強みとなります。

建設で求められる人物像

現場での作業は、天候や気温に関わらず作業をしなければならないので、粘り強く忍耐力のある人材が求められています。管理職を希望している場合は「施工管理技士」や「建築士」などの資格を保有していると大変有利です。

建設業界では、「ものづくりをしている」という使命感をもち、目標を達成するために努力できる人材が求められています。未経験者でも、教育プログラムを設けたり、資格取得をサポートしてくれる会社が増え、自己成長に取り組める人材が積極的に採用されています。

「建設会社の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧