フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性航空会社の仕事

航空会社の仕事

専門知識を学んで目指せ空のエキスパート!航空会社でのお仕事!

航空会社の仕事

航空会社の仕事内容には主に、航空機を操縦する「パイロット」、機内にて搭乗客へサービスを提供する「客室乗務員」、チェックインや出発カウンターでのバゲージ受託、ケアが必要な乗客の情報を確認し、チェックイン済みの乗客で未搭乗の乗客を探すといった空港業務を担う「グランドホステス」、航空機の点検、整備、修理などがといったメンテンスを行う「整備士」、空港での旅客や荷物を取扱い、航空機をスポットまで誘導、給油や水の補給、機内整備や清掃を行う「グランドハンドリング」といったものがあります。
その他には、これらの専門性の高いスペシャリストに活躍してもらうためのゼネラリストが「総合職」があります。総合職は、大きく「事務系」と「技術系」の2つに分かれており、「事務系」は、入社するとまず、航空ビジネスの最前線空港や営業所に配置されます。そこでキャリアを積むと、一般管理部門、旅客管理部門、貨物事業部門、関連事業部門などの航空ビジネス全般に関わる部署に配属される運びとなります。
「技術職」は、入社すると現場での経験を数年間積んだ後に、航空機の運行整備や機体整理計画、航空機やエンジンメーカーとの交渉など専門性の高い整備部門の管理業務にあたることになるのが一般的です。
航空会社の求人は、主に企業の採用情報ページから探すことが出来ます。

航空の求人特徴

様々な国の人や荷物が行き交う航空業界では、英語などの語学力があると、採用において有利です。また、貨物や手荷物運搬などは、車両を使った運搬作業のため、普通自動車免許を取得していることが採用条件に挙げられている場合もあります。

航空で求められる人物像

貨物の管理、荷物の積み下ろしなどは複数人がチームを組んで作業しています。チーム内でのコミュニケーション力、協調性のある人材が必要とされており、さらにチームをまとめるリーダーの素質があることも採用のポイントです。
接客サービス業務ではTOEIC600点以上の英語力など、語学力の高い人材が求められる傾向にあります。

専門知識以外のところでも、「空」に関わる仕事がしたいという熱い情熱、誇りをもって仕事ができるということをアピールしましょう。

「航空会社の仕事」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧