フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性建築設計の仕事内容

建築設計の仕事内容

資格を活かして働こう!クライアントの要望をカタチにするお仕事!建築設計での業務とは?

建築設計の仕事内容

建築設計の仕事内容には主に、意匠設計・構造設計・設備設計の3つに分かれます。
意匠設計では建物のコンセプトに基づいた外観・内部空間のデザインや、用途、人間工学、コストを考慮した機能デザインを設計します。
構造設計では地震、風雨、荷重に耐えられる安全な建築物のために、骨組みとなる構造を設計します。
設備設計では電気やインターネット等の電気設備、空調・給排水等の配管設備といった建物の設備の設計を行います。
建築設計の仕事は建築主の考えや要望・希望を聞いて具体化する仕事なので、コミュニケーションスキルは不可欠な能力です。その他、コストや建築基準法等、構造的制限といった様々な制約の中で建築主の希望を最大限叶えるための課題解決力も重要です。既存の枠にとらわれない新しいコンセプト・意匠を生み出す発想力、住む人、利用する人の多様なシチュエーションをイメージし、不具合がなく、心配りの行き届いた細部の設備を設計するための想像力も要求されます。細かな書類業務、緻密な図面作成も行います。
また、特に構造・設備設計では素材力学、大気力学、流体力学、機械、電気・電子といった物理学を駆使して、構造計算や配線設計を行います。
建築設計の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人ポータルサイトなどから探すことが出来ます。

建築設計の求人特徴

建築業界での実務経験がある人、建築の基本を学んだことがあるという人を積極的に募集している傾向にあります。特に、建築士や技術士といった専門的な資格を持っていると有利ですが、やる気のある人材を積極的に採用し、入社後に研修や教育制度を設けている会社も多く、未経験者でも、現場での経験を積みながら、専門的な知識を身に着けることが可能です。

建築設計で求められる人物像

設計の際に、依頼主の考えや希望をくみ取って具体的な形にするため何度も対話を行います。依頼主とのコミュニケーションを円滑に行えるのはもちろんのこと、イメージをしっかりと依頼主にプレゼンテーションできる人が求められています。人との関わりを増やし、コミュニケーション力をつけながら、自分の考えをわかりやすく相手に伝えられるように普段の生活でも意識をするようにしましょう。
また細かい書類の整理や緻密な計算など、繊細な作業に対応できる根気があることも重要です。

「建築設計の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧