フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性旅行会社の仕事内容

旅行会社の仕事内容

国内・海外でのレジャーをプロデュースしよう!旅行業では企画力や体力も必要とされます

旅行会社の仕事内容

旅行会社の仕事内容には、主に、「旅」という商品を旅行会社の店舗でお客様に販売するカウンター業務、目的や行き先、滞在ホテルの選択や観光などを立案し、旅の企画・開発を行うプランナー業務、ツアーに同行し、旅程管理と参加者のお世話をする添乗員業務があります。
カウンター業務では、旅行会社が主催するパッケージツアー(募集型企画旅行・企画旅行)の販売や、お客様のご要望により旅のプランの立案、航空券/ホテル旅館等の手配・販売をします。
プランナー業務では、国内・海外ごとや方面ごとの選任の担当者が企画を行います。プランの良し悪しが集客に大きな差が出ますのでここが旅行会社の一つの要とも言える仕事です。
添乗員はツアーコンダクターとも呼ばれ、パッケージ旅行やツアーに参加したお客さまの案内を担当し、旅行中のすべての運営を仕切るのが仕事です。参加者の確認や空港での出入国手続き、ホテルでのチェックイン、チェックアウト、注意事項の説明、オプションツアーの案内、レストラン予約など、業務内容は多岐に渡ります。ツアーコンダクターには「旅程管理主任者」という資格が必要です。
旅行会社の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人ポータルサイトなどから探すことが出来ます。

旅行会社の求人特徴

旅行会社の旅行業務全般を取り扱うための「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」を取得するとキャリアアップに役立ちます。また、旅先の史跡、文化、習慣などに精通していると仕事に活かせるでしょう。英会話などの語学力やリーダーシップ、気配りやトラブルに動じない冷静さなども、旅行業の求人に就くにあたって重要な適性と言えます。

旅行で求められる人物像

ビジネスの主軸が、アウトバウンド(日本人の海外旅行)から徐々にインバウンド(外国人の訪日旅行)に向いています。そのため、海外からの旅行者の増加が見込まれており、留学経験者など海外の事情に通じ、国内外問わず活躍したいという熱意ある人材が求められています。特にアジア客の受け入れに必要なノウハウや語学力を持つ場合、即戦力となれる可能性が高くなります。
海外諸国の事情や文化、習慣を理解して日本固有の「おもてなし」の心を活かしつつ、国内外の旅行マーケットの動きを察知する敏感さとホスピタリティー精神は欠かせません。

「旅行会社の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧