フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性広告代理店の業界概要

広告代理店の業界概要

斬新な発想や企画力、提案力がカギ!メディアと直接関わる広告代理店での業務とは!?

広告代理店の業界概要

広告代理店の仕事内容には主に、媒体社担当とクライアント担当があります。
広告を打つ「媒体(メディア)」はテレビ、ラジオ、新聞、雑誌と様々です。新聞社やテレビ局、出版社など、広告を打つメディアのことをまとめて「媒体社」と呼びます。媒体社担当の仕事は、これら媒体社とパートナーとして関わることです。媒体社と交渉して広告スペース(CM、新聞の広告枠など)を買い付けたり、また媒体社と相談しながら、最適な広告手段を考えたり。ときには営業と一緒にクライアント企業に直接行って、媒体の詳しい説明を行うこともあります。担当の媒体をクライアントに提案してもらうよう社内の営業に依頼する「社内プロモート」も大切な仕事です。
営業担当は、クライアントである広告主(広告を出したい企業)との窓口をつとめます。クライアントからの「こんな広告にしたい」「広告でこんなことを伝えたい」などの要望を、媒体担当やクリエイティブ(制作)担当など、他部門の社内スタッフに伝達し、社内で広告のプランを立案し、クライアントに提案します。社内でいろいろなスタッフと関わり、調整を行うことも多いです。作業全体を統括するプロデューサーのような仕事と言えます。
広告代理店の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人ポータルサイトなどから探すことが出来ます。

広告代理店の仕事内容

広告キャンペーンには、フォトグラファーやグラフィックデザイナー、クライアントなど多くの人が携わります。そのため、広告代理店の担当者にはこれらのスタッフをまとめるリーダーシップが求められます。常にユニークなアイディアの広告、宣伝企画を打ち出すために、さまざまな分野の知識や鋭い時代を読み取る感覚も重要な適性と言えます。

広告代理店で求められる人物像

斬新な発想や多様な経験に裏付けされた企画力や提案力を持ち、仕事に対する高いモチベーションが維持できてプレッシャーに強い即戦力が求められています。クライアントを納得させるプレゼン能力はもちろんのこと、情報を流す側に立った責任と倫理観を持っていることも重要です。
撮影チームやクライアント企業など、多様な職種、業種の人と接する機会が多いため、柔軟な対応や臨機応変さもポイントです。最新のネット事情や大衆トレンドに精通した人材が有利でしょう。

「広告代理店の業界概要」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧