フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性デザイン事務所の仕事内容

デザイン事務所の仕事内容

デザイン事務所にはインテリアや建築からWEB関連まで様々なジャンルの業務に携わることが可能です

デザイン事務所の仕事内容

インテリアデザインからグラフィックデザイン、建築デザイン、webデザインなど、様々なジャンルのデザイン事務所があります。デザイン事務所の仕事内容には主に、デザイン業務やワークショップの計画・企画・運営、講師などがあります。
デザイン業務では、パッケージ・WEBサイトのデザインの他、プロダクトの作成を行います。
各ジャンルによって差はありますが、基本的にはデザイナー数名とバックオフィスを担当する人材で構成されていて、デザイナーが独立し、事務所を立ち上げデザイナー兼経営者となるケースが多いことも特徴です。
ワークショップの企画運営デザイン事務所の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

デザイン事務所で働く

デザイン事務所の求人は、主にクリエイターであるデザイナー職の募集が殆どを占めます。一般的に、求職者は自身の手がけた作品を提出し、デザイン事務所側が作品のクオリティやセンスなどを勘案し、採否を決定します。経験値よりも作品のクオリティを重視するケースもあるため、実務経験は不足していても採用に至ることも十分にあります。
デザイナーに求める採用要件としては、デザインのクオリティはもちろんですが、そのほかの一例に顧客の希望・イメージを聞きだす力も大切な要素です。デザインを行う上では、クライアントのイメージを的確にデザイン化することが求められるため、イメージを聞き出すためのヒアリング力が必要不可欠です。また、プロジェクト単位で仕事を進めることも多いため、コミュニケーション力が高い人材が好まれる傾向にあります。

「デザイン事務所の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧