フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性出版社の仕事内容

出版社の仕事内容

「好き」が仕事に!?あの人気マンガや雑誌の編集に携われる!出版社で働こう!

出版社の仕事内容

出版社の仕事内容には主に、「編集」と「営業」があります。
編集の業務では、企画立案から執筆依頼、入稿作業、校正作業、製本までの一連の業務をディレクションします。基本的に担当者が1冊の本全体のディレクションを担いますが、出版社によって、その分業の形は様々です。
営業の業務では、本の完成後、出版された本を読者に広めるために、書店への営業活動を行います。書店の担当者とともに客層、過去の売上データなどをもとに、売上見立てを行い、書店から本の注文を受けます。
売上を伸ばすために店頭での陳列・宣伝方法の提案も行います。
出版関連の求人は、企業の採用情報ページのほか、求人サイトや求人情報誌などで探すことができます。

出版業界で働く

出版業界の代表的な求人として、編集者の仕事があります。編集者になるための一般的な方法はとして、「出版社に就職する」、「編集プロダクションに就職する」、「アルバイトとして働く」、「フリーランスとして活動する」という4つがあります。
出版社に就職する場合、大手の出版社の採用倍率は、非常に高いものとなります。得意な分野を持っていると採用されやすくなります。出版社にもよりますが、何かしらの専門知識があり、それがレアなものであればあるほど、専門書の編集業務に役立つ能力として評価してもらえる可能性も高まります。
編集プロダクションに就職すると、出版社の下請けで、主に出版社から指定された本を作り上げます。編集プロダクションの就職においても、出版社に就職するときと同じように専門分野の知識を持っていると有利になる場合があります。
編集プロダクションは人材の入れ代わりや、出版社や他の大手の編集プロダクションから引き抜きもを受けて、人材不足を補うためにアルバイトを募集しているケースがあります。コピー取りから簡単な文章を任せてくれたりすることもあります。ここで下積みをして、そこからフリーで他の出版社などに転職する人もいます。
フリーランスの編集者になるには、まずは編集プロダクションで経験を積むことが必要です。退職後、フリーランスとして活動するのが一般的です。

「出版社の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧