フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性動物病院の仕事内容

動物病院の仕事内容

利用者やペットがリラックスして治療を受けることのできる環境作りも業務のひとつです

動物病院の仕事内容

動物病院の仕事内容には大きく分けて、診察、病院事務、施設環境の整備があります。
診察では、来院した動物に対する処置のほか、入院動物のケアや健康管理、病状や治療内容、検査結果についての飼い主への説明などがあります。
病院事務では、受付窓口での対応、電話やメールでの問い合わせへの対応、会計業務などがあります。
病院内の清掃、消毒、備品の整備、来院したペットや飼い主がリラックスできる環境づくりといった施設環境の整備も、動物病院の仕事に含まれます。
獣医師・動物看護士の求人は、主に動物病院の情報をまとめた専門サイトなどで探すことができます。

動物病院で働く

動物病院の求人として代表的なものが獣医師です。獣医師は、専門知識や技術を必要とされる仕事です。獣医師は、医師や歯科医などと同様に、国家資格が必要な仕事です。獣医師を目指す人はまず、獣医学部や獣医学科などを持つ獣医系大学に入学し、6年間学ぶ必要があります。獣医学の課程を修了し、年に一度行われる獣医師国家試験に合格すれば、獣医師の免許を取得することができます。
獣医師免許を取得した人が対象となる求人は、多岐に渡ります。就職先として最も多いのは、ペットの診療を行う動物病院ですが、農協、動物園、製薬会社、食品会社、地方自治体、検疫所なども勤務先になります。農協では畜産牧場の牛や豚などの診療や管理、動物園では園内の動物の健康管理、地方自治体の保健所・食肉衛生検査所などで、食肉の衛生管理や動物と人間に共通する感染症対策を、空港や海港などの検疫所において、輸出入される動物の伝染病や感染症などの検査をするなど様々な仕事があります。

「動物病院の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧