フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性郵便局の仕事内容

郵便局の仕事内容

「町の郵便屋さん」として郵便配達!窓口業務で利用者対応など郵便局の業務は様々です

郵便局の仕事内容

郵便局の仕事で代表的なものとして、「窓口業務」と「郵便業務」があります。
窓口業務はお客さまに、郵便・貯金・保険のグループ各社の商品・サービスを提供することが主な仕事です。
郵便業務は、お客さまから郵便物をお預かりし(集荷)、お届け先の住所ごとに仕分けして、配達することが主な仕事です。
そのほかには、切手や年賀はがきなどの郵便商品の購入をお勧めする「営業活動」や、経営企画、商品企画・開発、営業企画・推進といった仕事を行います。
郵便局関連の求人は、郵便会社の採用情報ページなどで確認することができます。

郵便局で働く

郵便局の求人として代表的なものが、窓口営業スタッフ(一般職)です。窓口スタッフとしての入局を望む場合は、郵便局株式会社の採用試験を受けます。試験を受けるためには、受験資格として、短大・専門学校卒業以上の学歴が必要となります。
入局後はまず、郵便物の取り扱いや金融商品の知識を学びます。その後、窓口で事務の経験を積み、能力や希望に応じて、貯金や保険商品を販売する窓口に移ることもあります。
としては、年齢・性別の異なる様々なお客さまに対応するためのコミュニケーション能力が求められます。また、お客さまに最適な金融商品を提案するために、商品知識をコツコツと身に付ける努力も求めらる仕事です。国家検定である「ファイナンシャル・プランニング技能士」の資格を有していると、個人資産の運用等についてのお客さまにアドバイスする能力を証明することに役立ちます。

「郵便局の仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧