フロムエーキャリアトップお役立ち情報業界ごとの求人特性ペットショップの仕事内容

ペットショップの仕事内容

専門的な知識を要するカウンセリングや商品の紹介など!生き物を扱うペットショップでのお仕事

ペットショップの仕事内容

ペットショップの仕事と言えば、ペットの世話が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。これは生体管理と呼ばれる仕事です。ペットショップで働くために大切な前提は、動物が好きであることです。ただし、生き物を可愛がるだけではなく、命を預かる立場としてしっかりと飼育・世話を行うことができる強い責任感も求められます。
ペットショップの仕事は、生体管理以外にも様々なものがあります。店内の清掃をはじめ、ペット用品の販売、商品の搬入や陳列、在庫の管理、顧客情報の管理も、ペットショップで働くスタッフの仕事です。
ペットショップスタッフの求人は、求人サイトや求人情報誌の他、ペットショップのホームページなどでも探すことができます。

ペットショップ業界で働く

ペットショップでは、犬や猫、ウサギやフェレット、爬虫類、観賞魚などの愛玩動物(生体)の販売、ペットフードやペットの飼育管理用品などを販売する仕事のほか、動物に関する知識を活かし、来店したお客様からのペットの飼育やトレーニングなどの相談に応じます。
最近では、トリミングサロンやペットホテル、しつけ教室を併設するショップも増えており、ショップの仕事の一環として、これらの業務を担うこともあります。トリマーやドッグトレーナーといった専門職に就くためには、まずは専門学校などで動物について学ぶことが一般的です。生体を扱うペットショップの求人募集においては、実際の飼育経験があることも好まれます。
また、ウサギのみを扱う専門店やオリジナルのペットグッズ、犬のケーキを販売するショップなど、専門性の高いペットショップも増えています。

「ペットショップの仕事内容」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧