フロムエーキャリアトップお役立ち情報求人を探す求人件数が多い地域・場所はどこ?

求人件数が多い地域・場所はどこ?

求人件数が多い地域・場所はどこ?

厚生労働省平成26年12月発表の「都道府県別有効求人倍率推移データ」によりますと、求人件数が多いのはやはり東京です。大企業をはじめ、企業数自体が多いこと、流入人口が多いことからも当然の結果と言えるでしょう。
これに続くのは、愛知、福島、福井、石川です。大手メーカーおよび関連企業が多いこと、また復興関連での人材補給などが背景にあると考えられます。

都市で見ると、ずば抜けて多いのは東京で、次いで横浜、川崎、さいたま等、東京を補う首都圏が多くなっています。そして西日本の首都と言える大阪、景気に惑わされないと言われる名古屋、支社や営業所の多い札幌、仙台、アジア戦略が注目を集めている福岡も求人件数が多くなっています。

人気のエリアはどこ?

求人件数が多く、職種や企業の選択肢が増えるという観点から、都市部に人気が集まっています。都市部は交通アクセス、生活基盤、娯楽など、インフラが充実しているため、公私ともに利便性が高く、仕事も生活も便利に楽しみたい人には条件が揃っているのです。

しかし最近、中堅メーカーやIT関連では地方都市や郊外に社屋を置く企業も増えてきました。大都市と違って土地が安いことから、工場や倉庫、仕事スペースを広く確保できること、物価や生活費が安く済み、自然が豊富なので社員家族が暮らしやすい、など採用側にも社員側にもメリットが多いのです。Iターンをはじめ、富山、新潟、岡山、岐阜などの人気が高まっているのは、こうした理由があると考えられます。

「求人件数が多い地域・場所はどこ?」に似た記事を見る

お役立ち情報一覧